読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

流されず逆らわず

コンピュータ関連のお仕事をしております。不惑を超えても惑い続ける男です。二児の父。

2012年 Mt.Fujiヒルクライム(後編)


前日の日記からの続き。Mt.Fujiヒルクライム参加記。


レース前日のウェザーニュースの天気予報によると、
レース当日、富士吉田では午前3時ぐらいから雨が降り出し、
午前中いっぱい1-3mmの雨が降り続く最悪の予報。


前夜は何度も天気予報を見ながら、


「雨が強かったら走るのやめようかなー」


と思いつつ、テレビを見ながらウトウト。。。


そしてレース当日。朝4時に目覚めて外を見ると・・・


雨が降っていない!!


これはマジで嬉しかった。おかげてテンションが最高潮に達する。



大慌てでシャワーを浴びて、朝食を摂りながら準備をする。
ホテルをチェックアウトし、富士急ハイランドの駐車場にクルマを預け、
5時40分ぐらいに会場の富士北麓公園に到着。荷物を預けて開始を待つ。


トイレは今年も長蛇の列。
まぁ、スタートまで余裕がありまくりだから慌てなかったけどね。



スタートまでの段取りは去年とほぼ同じ。

4:00 駐車場オープン
6:00 選手整列開始
6:10 五合目行き荷物預かり終了
6:45 開会式、スタートセレモニー
7:00 第1スタート(第1ウェイブ)
7:05 第2スタート(女子&MTB
7:10 第3スタート(一般男子、以後5分ごとにスタート)


スタートセレモニーでは有名人の方々が一言ずつしゃべってる。
今中さんとか、

つるしんとか、

まことさんとか、

富永美樹さんとか、

モデルの日向さんとか、


レース前に有名人の方々が雰囲気を盛り上げてくれました。
いずれもFunrideでよく拝見するゲストの方々。
・・・今年は片山右京さんいないのね。


そして続々とスタート。

今年は雨が降る可能性があったため、レインウェアを着て走ってる人が多かったです。


スタートはゆっくり。公園を出てからの最初の坂が意外ときつい。
そう思いながら走ってたら、後ろの二人組みが「ここ意外とキツいんだよな」
と話していて、同じことを思ってるんだなとちょっと安心。


料金所近くの交差点を左折するとすぐに計測ポイント。
その直前では立ちションして軽量化してる方々がたくさん居ました。
いい歳したおっさんなんだからさーと思いながら俺もどうしようか迷う。(しなかったけど)


最初の1キロを走って、去年とほぼ同じペースだったことから、
とにかく気持ちよく走ることに専念することに。まぁしょうがないよね。


去年は給水ポイントが待ち遠しくてしかたなかったけど、
今年はあまり気にすることもなく、自分のペースでヒルクラを楽しみました。



一番きついのは最初の5kmくらい。たぶん体が慣れていないからなんだろう。
でも、あまり準備運動をしすぎると後半ばてるので、
最初の5kmがキツいのはしょうがないと自分に言い聞かせました。


懸念された天気も、レース中はほんのちょっとだけ小雨がぱらついた程度で、
サングラスが少し濡れたけど、ほとんど気にならずに走りきることができました。
(下山したら大雨でしたが)


ゴール近くの前の平坦なところでは足が売り切れてしまったため、
スピードを出すこともままなりませんでしたが、
最後の300mぐらいからは「あー終わっちまうのか」とちょっと寂しくもあり。


記録は・・・。去年よりも遅くなってて泣いた。
うぅ。まぁしょうがないか。



今年は、五合目の駐車場が工事中のため、五合目で長時間滞在できませんでした。
天気が悪くて寒かったため、長居はしませんでしたので、よしとしましょう。

あと、今年の下山は寒かった。凍えたね。下山後の吉田うどんのうまかったこと。



目立った事故はなかったみたいで良かったです。運営に感謝ですね。これは。
いやー、まじで楽しかった。来年もぜひ!出場したいですなぁ。