読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

流されず逆らわず

コンピュータ関連のお仕事をしております。不惑を超えても惑い続ける男です。二児の父。

彼女いないのに彼女いるとコンパで言ってみる論


私の友人にちょっと一風変わった男がいる。
飲み会などで女性から「彼女いる?」と聞かれた時、彼女がいなくても「彼女?あー、いるよ」と答えてしまうオトコ。

その男はKという。
知り合ったのは学生時代。かっこよく、いろいろなものに対して造詣が深く、弁が立ち、スポーツはそこそこだけど、スマートな男で、懐が深く、オシャレだ。知り合って10年以上経つにもかかわらず、いまも最初の印象と変わらず相変わらずかっこいい。


Kは異常とも言えるほどの面食いで、そうとう「キレイ」もしくは「かわいい」女性でないと付き合わない。きれいな女性でないと、恋愛対象にならないのだとか。だから、どうしても対象者が絞られてしまい、かっこいいにも関わらず常に彼女がいるわけでもない。・・・という羨ましいのか羨ましくないのだかよくわからないけど、自分にとってはなんだかちょっと不思議な存在。


んで、本題にうつる。
Kと知り合い、友達になってすぐの飲み会で一緒になったとき、とある発言に気がついた。


女性から「彼女いるんですか?」と聞かれて、Kは「あー、彼女?うん。いるよ」と答えていた。

自分はあーそうなのかと薄ぼんやり聞いていただけなのだが、後日、自分がその男に

「あれ?彼女いたっけ?」と聞いてみたところKは「彼女?いや、今はいないけど・・・」との答え。


あれ・・・?。
数日前の飲み会では彼女がいることになってなかったっけ?、とすかさず素朴な疑問をぶつけてみた。彼女がいるときに「彼女いる」というのは当たり前の話だが、彼女がいないのも関わらず「彼女がいる」と言ってしまうのはどういうこと?と。



その男にはこだわりがあり、私に詳細を語ってくれたのだ。自分にとっては奇妙な話だった。
彼が考える論法はこうだ。


・自分が気に入るコは、ほぼ間違いなくモテるコである
・そのコは、男を選び放題で、男がいない時期はほとんどない
・そればかりか、複数の男と付き合っている並行稼働期間もあるはずだ
・というわけで、きれいな女性に、「彼氏いないんです」と言われることは滅多にない
・それがゆえ、気に入った女性から「彼氏1年いないんです」とかいわれると、容姿以外の何かに問題があるのでは?と勘ぐってしまう
・だから、いくらきれいなコでも「1年彼氏がいない」とか言われると、その場で萎える


なるほど、そうなのか。そして、なおも続く。Kは自分にあてはめて考えるらしい。


・自分はモテるほうで、モテる男は、女性を選べる(と、思っている)
・だから、「彼女がいない」期間はあまりないはずだ・・・と女性から思われてるに違いない
・それが故、ふつうは「彼女がいる」状態である
・もしかりに、彼女がいないと答えて、気に入ってるそのコから容姿以外の何か問題があるのではと思われたら厄介だ
・だから、「彼女いるの?」と聞かれたら「あー、いるよ」とついつい答えてしまう


そうかー。自分が飲み会で「彼女いるよ」なんて答える自信なんて微塵もないし、そもそも機会損失の方がダメージでかいとか考えちゃう俺とは次元が違うなーと改めて感じさせられました。Kが学生時代につきあったコは何人か知っているが男が誰しも羨ましく思える素敵な女性ばかり。持論を展開するだけでなく、実践し、一定の成果をおさめている。成功者はやはり違う、と身近な存在に尊敬の眼差しを送ってしまいました。



だから、自称イケメンだけどなぜか彼女ができない人がいたら、その友人の話をして、すかさずこうアドバイスすることにしている。


「だからお前には、彼女ができないんだよ。今度、ためしに彼女いるよって言ってみ」



ちなみに、アドバイスした人に感謝されたことは、まだない。