読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

流されず逆らわず

コンピュータ関連のお仕事をしております。不惑を超えても惑い続ける男です。二児の父。

流星の絆


分厚い本ですが、読みやすい内容でテンポのよい本なのでサクサク読めちゃいます。あまり細かいことを気にせずに気楽に読書したい方にはいい本かもしれない。


流星の絆 (講談社文庫)

流星の絆 (講談社文庫)


ただ、東野ファンの一人としては納得がいく出来栄えではなかったなぁと。
読み始めは「百夜行」を彷彿させる内容でしたが、百夜行と比較すると内容的にかなり見劣りしてしまう。登場人物のキャラの厚みが感じられないのが理由の一つかもしれない。また、ストーリーや伏線の練りこみが雑のような気もする。何よりも兄弟たちの絆があまり感じられない。


個人的には、最近の作品はエンターテインメントを強く意識しすぎているような気がします。

とは言っても、大好きな作家であることに変わりはないので、次の作品に期待しようと思います。