読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

流されず逆らわず

コンピュータ関連のお仕事をしております。不惑を超えても惑い続ける男です。二児の父。

金融不安


なんだかちょうど10年前の日本に似てます。自分が入社した1998年およびその前年のことなので、いまだに鮮明に覚えてます。「課題先進国」たる日本の面目躍如でアメリカ様には学んでほしいですなというところかね・・・。10年前の日本の話と今回のアメリカのケースではスケールがまったく違いますが。

日経新聞社説 「米国発金融恐慌」防止へ果断な措置を(9/17)

 当面の最大の焦点はすでに経営不安に陥っている米大手保険会社のアメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)の資金確保がどう進むかだ。米国だけでなく、世界中に多くの個人顧客を抱えたAIGが破綻した場合の影響は甚大だ。

 今回の米国の金融危機は三洋証券と北海道拓殖銀行の破綻、山一証券の自主廃業が1カ月の間に相次いで起きた1997年11月ごろの日本の金融界の惨状を思い起こさせる。


10年前の業界四位の山一がつぶれ、一層の金融不安に陥った日本。
当時とはいろいろと事情がことなることは多いと思いますが、アメリカではリーマンブラザーズが破綻し、本日AIGには公的救済が発表されたのとどうしても重ねてしまいますね。。。
次はCITIグループですかね。友人が働いているので気が気ではないのですが、さすがにこの時期に連絡はとれません。


こういう時に、頃合いを見計らって相場を張れるやつってのが、本当の相場師なんでしょうか。絶対に自分にはできません。