読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

流されず逆らわず

コンピュータ関連のお仕事をしております。不惑を超えても惑い続ける男です。二児の父。

ルンバ537J(Roomba 537J)を買いました

生活 買い物

つい先日、ルンバ537Jを某通販サイトから購入しました。購入後2ヶ月経過しましたので備忘録ついでに書きます。
ルンバを購入したのは2年ぶり2台目で、購入した理由は1台目が色々と劣化したことが主な理由です。

 1台目に購入したルンバ560には満足していましたが、2年間ほぼ毎日稼働させていたために色々とと不具合が出てきてしまいました。稼働中のモーター異音、ホームベースの接触不良(充電場所に戻らない)、ブラシの劣化、ブラシ部分に髪の毛が絡まっていて取れない部分がある、などなど。さらに2年間毎日、それも使っていると充電池も劣化してるしフィルターも換えなきゃいかん、という理由から「どうせだったら新品に」ということで買換えをすることにしました。


 で、機種選定に着手したわけですが、2年ぶりのルンバ選びに苦労することはありませんでした。我が家のルンバはリビングとその隣にある和室しか掃除しないのでバーチャルウォール機能は不要だし、おでかけの時にスイッチを入れるだけの使い方のため、スケジュール機能も不要ってことでホームベース機能つきローエンドモデルの537Jを購入することにしたのです。価格は32,000円ちょいでした。


 ルンバ537Jの総評としては、「まぁ満足」の一言です。1台目に購入した560とと何ら変わることがない使用方法なので、想像以上でも以下でもなく不満点はありません。変わることが何もなくてつまらないぐらいです。あえて変わった点を記載すると、560と537Jを比較すると明らかに音が静かになった(気がする)けど、購入直後の状態で比較したわけではありませんのでよくわかりません。


ただ、改めて感じた点は2点。
1点目はルンバが我が家に無くてはならない家電になった、ということを再認識した点。
2点目はこの手の「稼働部分が多い機械」は定期メンテナンスをやっても常に劣化していくのが常なので、安価なモデルを短いスパンで買い替えて新品に近い状態で使い続けるのがいい、という点。


最近はAmazonの自動配達ロボやGoogleの自動運転技術などがロボット技術を競うようになってきた時代ですね。もうWeb世界からの効率化は当たり前になりすぎてしまい、実世界の効率化は次のフェーズに入ったという印象です。個人的にはメニューを選ぶと勝手に調理してくれる料理ロボが欲しいなぁ。

iRobot Roomba 自動掃除機 ルンバ ホワイト 537J

iRobot Roomba 自動掃除機 ルンバ ホワイト 537J