読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

流されず逆らわず

コンピュータ関連のお仕事をしております。不惑を超えても惑い続ける男です。二児の父。

東野圭吾さんの初期作品を連想させる・・・プラチナデータ

うーむ。この作品の雰囲気、どこかで読んだことあるなぁ。
同じ東野先生の作品だったと思うんだが、何だったっけ?


そうそう。昔の作品・・・この感じは、変身、分身、パラレルワールドラブストーリー・・・。
これらをミックスしてアレンジした雰囲気をもっている。
私は東野先生が昔に創った作品の雰囲気がとっても大好き。
以前は「多彩な作風」と言われていた先生の作品の中でも、これらの作品が大好きだったから。


プラチナデータ (幻冬舎文庫)

プラチナデータ (幻冬舎文庫)

けど、今回のプラチナデータは残念だったなぁ。

・・・


国民のDNAをデータベース化して犯罪捜査に用いて、犯罪検挙率を格段に向上させる。
そして、それを昔ながらの捜査で否定する現場の刑事たち。

物語の設定にはリアリティがあり、何の違和感もない。
読み進めやすさも相変わらず一級品で、続きが気になりどんどん読み進めてしまう。


しかし、個人的には不満点がものすごく多い作品でした。
一番残念だったのは、登場キャラの個性が感じられず、誰も全く魅力的に感じられなかったことで、
その次に不満だったのは、主人公の苦悩が全く感じられなかったことかな。


正直に何も残らなかったなぁと思ってしまった作品。
東野さんだったから期待値が大きくなってしまうのは仕方が無いので、次はもっとすごいのを創って欲しいです。