読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

流されず逆らわず

コンピュータ関連のお仕事をしております。不惑を超えても惑い続ける男です。二児の父。

自転車の軽量化

無駄なことかもしれない。けど、でもやっぱりやってみたい。
そんなことは世の中にいろいろある。


自転車の軽量化もそうかもしれない。
そう、数グラム単位の無駄な軽量化をやってしまった。
シートポストを切断することによる軽量化。たぶん40gくらい。これはまさに無駄の極み。


でも、自己満足だからいいのだ。



ちゃんと書くと、私が乗っているColnagoのarte105(08年モデル)は
カーボンバックというアルミとカーボンのいいとこどり
(悪いどころどりともいえなくもない)のモデル。


最近の軽量化よりちょっとばかり前のモデルだけに、重量が9kg近くある。
(確か、ペダルを含まない完成車の重量が8.7kgだった)
だから、タイヤやチューブを軽くしてみたり、ホイールを履き替えてみたり、
サドルを変えてみたりしたけど、でもやっぱり重い。


だから、少しでも軽くすべくシートポストを軽くしてみたんです。
シートポストはアルミのFSA SP-SL280 31.6mmというモデル。
当初は全く同じカーボンのシートポストがあると聞いたのですが、
今更シートポストだけ変えるのもなんだかあれだなぁという結論に至り、
とりあえず切断だけすることにしました。




で。これが6cmばかり切断したシートポスト。重量はたぶん40gくらい。
これで数秒ぐらい来週のMt.Fujiのタイムを短縮できたんじゃないかと。



40g分だけ幸せになれたそんな週末。