読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

流されず逆らわず

コンピュータ関連のお仕事をしております。不惑を超えても惑い続ける男です。二児の父。

ガリレオの苦悩 (文春文庫)

ガリレオの苦悩 (文春文庫)

ガリレオの苦悩 (文春文庫)


気軽な展開でサクサクと読み進められ、年末年始の休暇をお気楽に過ごすのに最適な一冊かも。


楽しみながら読んでおいて、否定するわけではないんだが、ここ数年の東野さんが手がける作品として、ドラマ化を意識したのが多いのは読者が望むからなんだろう。

私と同様に多くの人が、読んだ後にさわやかな気持ちになれる水戸黄門的な読み物を期待してるんじゃないかってこと。私はそれを否定しないが、少々悲しくもある。

東野さんファンならばアリです。ファンじゃなければ読まない方がいい。