読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

流されず逆らわず

コンピュータ関連のお仕事をしております。不惑を超えても惑い続ける男です。二児の父。

帝王学・リーダーシップ

休み中はネットばっかりやってる。私と同様、この連休中はネットで時間をつぶしてる人が多いんでしょうね。そんな中で2chまとめサイトで面白いのを見つけた。

帝王学・リーダーシップについて指南してやる


これが意外と面白い。最初にインパクトがある家康の例を挙げて、惹きつけるやり方なんて見習いたいものだ。

具体例か
家康で言えば器が大きいことだな
一つ例を挙げてみよう


3人の下っ端が当番をしていたときの話だ
2人がサボって遊びに行った
1人が押し付けられて当番についていた

そこに家康が現れたことがある
家康はどうしたか?サボった連中を指導したか?そうではない
残った1人に対して「お前も遊びに行けよ」と言ったのだ
そうしたところ下っ端は急いで遊びに行った2人を呼びもどした
2人も青ざめて帰ってきて当番に就いた
家康は怒るでもなく当番が仕事に就いたことを確認して出て行った


これは家康の大きな器で角を立てることもなく下っ端に任務を遂行させ
今後も再発防止になるような指導の方法である

この後に、吹奏楽の部活の質問に対して、ヒアリングをして具体的な解決策を提示している。

はじめは『もしドラ』のパクリをやろうとしてるのかと思ったが、予想した「帝王学」とは違ったが、このやりとりはなかなか面白い。小部隊の課長やリーダークラスに参考になる部分は多いのではなかろうか。

やまだ読んでいない暇な人はご覧ください。