読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

流されず逆らわず

コンピュータ関連のお仕事をしております。不惑を超えても惑い続ける男です。二児の父。

文教堂で本を売った

いきなりですが書店の文教堂って本の買取サービスもしていたんですね。先日初めて知ったので、そのサービスを利用してきました。


文教堂の買取サービスは対象商品を店舗に持ち込んでその場で査定し、買い取ってくれるサービス。(店舗持込のみ)
対象の本は限定されていて主に売れ筋の新商品ばかりです。しかしながら持ち込んだ本を税抜定価の3割の金額で買取をしてくれるので、対象商品ならブックオフに持っていくよりも高値で買い取ってくれる嬉しいサービスです。

私が買取サービスに出したのは以下の2冊。

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
・使命と魂のリミット (角川文庫) 


気になる買取金額ですが、
\480+\200=\680
で買い取ってくれました。この価格で引き取ってくれるところって実店舗ではなかなかないですよね。

残念なのはあまり大々的にサービス展開していないこと。昨年5月に始まったサービスのようですが、実施店舗もあまり多くないようです。まだ試験運用中なのでしょうか。

まぁ、ともあれ利用者にとって「すぐに読みたいけど、少しでも安く読みたい」という人にとって嬉しいサービスであることに間違いありません。
新刊本を多く読むけどすぐに古本屋で売ってしまう人や、ヤフオクは面倒って人は、機会があれば利用してみるのはいかがでしょう。