読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

流されず逆らわず

コンピュータ関連のお仕事をしております。不惑を超えても惑い続ける男です。二児の父。

現代版テレクラ


既に死後になってしまった感があるが、その昔テレクラというものがあった。
現在、新時代のテレクラともいえる現代版がここに復活の兆しを見せている!


大手デートサイトがVoIP電話を続々導入, フィジカルなデート成立の確率が飛躍的に向上

VoIPのJajahがデートサービスの大手eHarmonyおよびMatch.comと結んだ大型契約により、これからは、これらのサイトの上で“キーボードからタイプするテキストを使って”いちゃついている二人が、音声によるチャットを併用できるようになる。この、’Platform for Dating’と称するJajahの新機能は、ほかにもいくつかのデートサイトでテスト中だ(サイト名は未公開)。


この機能は、従来のデートサイトの定番であるテキストによる対話と、実際にオフラインでデートすることとの中間に位置すると言える。ユーザは、画面上のJajahのウィジェットから相手を呼び出すだけで、本名など個人情報はいっさい入力しないから、その点でも安心だ。


この音声チャットは、eHarmonyでもMatch.comでも有料で、料金は月額5ドルぐらいだ。Jajahとデートサイトの折半の比率は、非公開だ。でもVoIPの接続〜起呼の費用はたいしたことないから、Jajahの‘利益率’は相当なものだろう。


Match.comは前にも、今はなきJangl(英語)(日本語記事)のサービスを使って音声チャットを提供していたが、9か月前から供用していない。eHarmonyの場合は、これが初めての実装だ。


なお、好奇心旺盛な読者のために、Jajahが見せてくれたeHarmonyにおけるテスト結果の一部を引用しよう。意外や意外!、えー、つまり、音声で対話をした相手とは、オフラインでホンモノのデートができる確率が、ぐーんと高くなるのだ。

面白い試みだ。
この手のサービスは「相手が信用できるか否か」や「いかにお手軽に相手とお話できるか」がポイントになると思うが、色々なサービス提供のパターンが考えられますな。


・アングラ系出会い系サイト+Skype
・エキサイトフレンズ+IP Phone
・結婚相談所+携帯電話会社


これまでは、身元保証と安全性を考慮すると色んなサービスを提供するのは難しかったりしたわけですが、提携ができれば面白いサービスが提供できるという試みかもしれません。

どのパターンも定額モデルを提供できると思いますが、この手のサービスを欲しがってる人は案外多いかもしれません。

誰か日本でサービス提供してみてくださいーーー(他人任せ)