読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

流されず逆らわず

コンピュータ関連のお仕事をしております。不惑を超えても惑い続ける男です。二児の父。

会社の送別会


金曜日は、同じ部のユニットマネージャの送別会を新宿で開催してきました。


1985年入社の営業で、冷静沈着な方でちょっとドライな一面を持ち、淡々と仕事をこなすタイプ。
私はその方と9年ほど前に一緒に仕事をし、5年ほど前に縁あって同じ部になりました。
花形部署というわけじゃないけど、いわゆる「おいしい」ポジションで部署を転々として今に至る、自分にとってちょっと羨ましいお方。


結局、自分とは上司部下の関係になることはなかったものの、会社と自分の接し方やプライベートなど、勝手に親しみを覚えていたこともあり、辞めてしまうのは非常に残念。送別会の最後、みんなに挨拶をするときの寂しげは目はとても印象に残っている。
会社を去ることは残念だけど、誘われて次の会社にうつる大先輩の未来が幸せなものであることを願ってやみません。

  • -

ところで。

昔を懐かしむような場でカラオケで盛り上がるには、昔の曲を熱唱するのが一番だと改めて思いました。
盛り上がったのはこの曲。

・何も言えなくて・・・夏 / JAYWALK
夏の日の1993 / class
・仮面舞踏会 / 少年隊
世界中の誰よりきっと / 中山美穂&WANDS