読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

流されず逆らわず

コンピュータ関連のお仕事をしております。不惑を超えても惑い続ける男です。二児の父。

実況ジェネレータ



実況ジェネレータというサービスがある。
つい先日、会社の同期に教えてもらったのだが、意外とおもしろかったので日記に書いてみる。


http://www.projectblue.sony.jp/jikkyo/


セルジオ越後松木安太郎が、好きなタイミングでいろいろな実況をしてくれるというジェネレータ。
Project Blueっていう日本サッカーを応援するプロジェクトでソニーが提供しているサービスだ。

実況ジェネレーター2008
世界の全ての映像に"実況"を。

自分で撮影したサッカー映像には、何かが足りない・・・。
そう考えたとき、たどり着いたのは「実況」と「解説」でした。

実況ジェネレーターとはその名の通り、
あなたが撮影したサッカーの映像をはじめとするさまざまな映像に
あのセルジオ越後氏と松木安太郎氏の解説と、実況をつけることができるコンテンツです。

数あるコメントの中から、映像にぴったりのコメントを選び、
世界に一つ竹の実況付き映像を生成(ジェネレート)することができます。
さらに、その映像を公開し、ブログやメールで知らせることも可能です。

サッカーを愛するすべての皆様へ。映像を楽しむすべての皆様へ。
Enjoy Football! Play実況ジェネレータ!


だそうな。(実況ジェネレーターのWebから転載)


いかにもサッカーの試合でよく使われてそうなフレーズがセルジオさんと松木さんと実況用にそれぞれ100種類ずつぐらい用意されてて、好きなタイミングで好きなコメントをしてもらい、動画を盛り上げてくれる。
たとえば、自分達の試合で撮ったビデオををセルジオさんと松木さんが盛り上げてくれたりするのだから、サッカーファンにはたまらないサービスが出てきたものだ。


で、このサービス、もともとはサッカーの試合を演出するためのツールだが、動画だったらどんなことも実況してもらえる。だから、サッカーと全然関係ない動画をつくることも可能で、サッカーとは無関係の素材をつかって動画を作ってみた。


お題はみなさんが大好きな「合コン」です。


http://www.projectblue.sony.jp/jikkyo/index.html#/PB000505/


と、まぁ、他に投稿されてる動画をいろいろ眺めてみると、同じようなことを考える人が沢山いるらしく、阪急線が走っているだけの動画やもんじゃを焼いてる動画に解説をつけるひともいる。みんなアホだなー。人のこと言えませんが。


さておき。
これまででのWebで提供してるジェネレータって、「タダで提供してる遊びのサービス」って印象が強くて、コンテンツも貧弱なものが多かったけど、最近は「金だしてこれ買うのもアリだな」って思えるようなサービスが数多く出てて、全体的に質はどんどん向上してると思う。このジェネレータの操作も、マウスだけで感覚的に操作でき、あまりストレスも感じない。よくできたサービスだと思う。


ただ1点、手持ちの動画をeyeVioソニーYouTube)経由でアップロードしなきゃいけないのが面倒ってことが不満だけど
それ以外は、高いユーザビリティを実現していると思う。
(まぁ、この「実況ジェネレーター」は、eyeVioの客寄せ用として用意されたサービスという側面もあるだろうから、しょうがないんだろうけどね)


今後は、ますます「ソフトウェアってお金かけて買うもの?」ってことをもっとシビアに考えるようになりますなー。
エンターテインメント系のコンシューマ向けソフトを作ってる会社の人たちは大変ですね・・・と人のこと心配する前に自分のことをもっと心配しろと自分に対してツッコミをいれてしまう今日この頃。