読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

流されず逆らわず

コンピュータ関連のお仕事をしております。不惑を超えても惑い続ける男です。二児の父。

東京で2つのセンチュリーライド


最近、東京近郊の自転車乗りの間で密かに話題になっていること。それは、2つのセンチュリーライド。

センチュリーライドというと、ハワイのホノルルで開催されるホノルルセンチュリーライドってのが有名ですが、その東京版があるらしい。しかも2つ。

似たような名前のイベントで、しかも開催時期も開催場所もかなり類似してるので紛らわしいことこの上ないのだが、この2つ、つっこみどころ満載で面白いので、ちょっとだけ調べて書いてみようと思う。

センチュリーライドその1
TOKYOセンチュリーライド
日程:5月10日(土)
コース:葛西臨海公園〜荒川サイクリングロード〜志木秋ヶ瀬さくら草公園の往復(80kmの部)
募集人数:ハーフセンチュリーの部:1,500人、ファミリーの部:500人
参加費用:5000円(ハーフセンチュリーの部)
http://www.100mile.jp/about/index.html

# 第1回大会は葛西臨海公園江戸川区)をスタート・ゴールとする往復80kmのハーフセンチュリーのコースで開催します。
# タイムを計る競技ではなく、参加者のペース(時速20km以下の安全速度)で自由走行するサイクルイベントです。


そもそも、2007年11月のサイクルモードで発表されたときには「首都圏初のセンチュリーライド」って発表されたけど、センチュリー(100マイル=160キロ)じゃなくてその半分の80kmだし、完全に東京サイクリング協会のイベントを無視してる。
それに、20km以下で走行なんて大変じゃないの?荒川のサイクリングロードの規制だからしかたないのかもしれんが、1500人も荒川コースを20kmの速度規制で走るってどんな渋滞ができるんだよ・・・。


んで、もう一つの東京センチュリーライド。もう第5回目らしい。2003年のハーフセンチュリーから数えると6回目ということになる。歴史から言うと、こちらが本家ってことになるのか。

センチュリーライドその2
第5回東京センチュリーライド
日程:5月6日(日)
コース:大島小松川公園〜荒川サイクリングロード〜笹目橋〜葛西臨海公園若洲海浜公園大島小松川公園(132kmの部)
募集人数:各クラス100名(132km、82km、42kmの部がある)
参加費用:3000円(クラス共通、一般)
http://tokyo-cycling.web.infoseek.co.jp/


こっちはあまりやる気が無いのか?事情をしらないのに書くのもどうかと思うが、どうみても素人が作ったとしか思えないWeb。限られた予算の中でやるとしても、ちょっとこれはヒドイ。東京サイクリング協会のトップページのコンテンツの貧弱さは見て笑える。が、参加費用と募集人数はまぁ妥当に思える。


この2つのセンチュリーライドを見て思わず連想してしまったのは、去年の上海モーターショーと、偽上海モーターショー。

http://www.yomiuri.co.jp/atcars/news/20070423ve01.htm

上海モーターショーの海賊版!?名前もそっくり
22日に開幕した上海国際汽車工業展覧会(上海モーターショー)の会場と同じ浦東地区で、名前や会期が酷似した展示会が間もなく開幕する。モーターショーと間違えて、この展示会に出展を申し込んでしまった部品メーカーもあり、モーターショーの主催者などは注意を呼びかけている。(中略) 主催者は「今年が6年目の催しで、故意にモーターショーに似せたわけではない」と話している。これに対し、モーターショー側は「あまりにも似すぎている」としてホームページ上で「我々の権利を侵害し、出展費用をだまし取るような行為をやめるよう求める」とする声明を掲載している。


上海のモーターショーは、ニセモノがあきらかに意図的にやってたと思うんですが、今回の2つのセンチュリーライドの方はどうなんでしょ。事情をよくご存知の方、おしえてください。