読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

流されず逆らわず

コンピュータ関連のお仕事をしております。不惑を超えても惑い続ける男です。二児の父。

人を引っ張るチカラ


今、プロジェクトが辛い局面に入っていて、誰かが引っ張らなきゃいけないんだけど、状況からして自分が引っ張らなきゃいけないような状況にあり、「リーダーシップってなんだろう?」と考えていたところ、折りしもというかちょうど橋下氏に関するエントリーで貴重なコメントをいただいたので、リーダーについて書いてみようと思う。


リーダーシップの発揮のしかたってのは、千差万別、いろいろなタイプがあると思う。ざっと思いつくだけでも


・冷静沈着、頭脳明晰で厳しい局面でも自分を見失わず、一歩先を見据えて次の一手を考えているタイプ
・判断力と決断力に優れ、つねに方向性を示してそれが正しい方向にあるタイプ
・とにかく組織の中も外にも声がでかく、結局人がついていかざるを得ない状況を作り出すタイプ
・将来のユメを語り、ビジョンを明確に示し、熱い思いを語り人がついていくタイプ
・すごい人脈を持ってて、困ったときに何とかしてくれそうなタイプ
・交渉力にすぐれ、中にも外にもネゴシエーションしてうまくやっていくタイプ
・人柄がよく、「この人とだったら一緒に辛い思いしてもいいや」って思わせるタイプ
・試行錯誤ばかりだけど、結局「つかれたけどなんとか形になったね」でハッピーエンドなタイプ
・とにかく「仕事だから」と、業務だと割り切って仕事してもらうタイプ


いろんなタイプがいると思う。
シチュエーションやメンバーの構成によって対応の仕方も違うと思うけど、辛い局面においてはモチベーションをいかに上げるかというスキルが必要になってくると思う。じゃ、モチベーションってどうやったらあがるの!?ってのは試行錯誤中。


結局は上に挙げたタイプのどれかに特化するよりも、それぞれの組み合わせをシチュエーションとメンバーに応じて変えていくのが大事のような気がするんですけどね。