読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

流されず逆らわず

コンピュータ関連のお仕事をしております。不惑を超えても惑い続ける男です。二児の父。

iPhoneにYoutube視聴アプリが搭載

ガジェット


iPhone+Youtube=?

iPhoneにはYouTube視聴アプリケーションが搭載されるそうだ。

6月29日に米国で出荷されるiPhoneに、YouTubeのビデオコンテンツを視聴する専用アプリケーションが搭載されることが明らかとなった。Appleの発表によれば、このアプリケーションはAppleによって開発されたもので、Wi-FiまたはEDGEネットワークを使ってYouTubeのコンテンツをワイヤレスにストリーミングし、iPhoneの3.5インチディスプレイで再生できる。(Cnetより)


いやいや、早く欲しいですね。iPhone。日本での発売というか発表も心待ちにされますわ。今回発表の記事は、正直いって驚くような機能ではなく、むしろやっと発表されたかという感じ。
現行のiPodに動画再生機能があるのも、動画配信を睨んでのことであることは想像に難くないんで、同じ事を考えた人も多いのではないでしょうか。
ただ、ネットの反応を見る限り、ちょっと加熱しすぎというか、喜びすぎのような気もします。


私が喜びすぎと考える理由は2つ。


1つ目の理由としては、新しい訴求ポイントがないところ。
バイルならではのサービスを展開するという発想は、残念ながらなさそうな感じですね。ちょい残念。


もう1つの理由はインフラ面が挙げられます。
Wi-FiまたはEDGE」のストリーミングってことは、モバイルのストリーミングで使うには使い勝手が悪そうだな。という印象です。


シリコンバレーだと状況はかなり違うかもしれませんが、少なくとも公衆無線LANは少なくとも日本では街中じゃうまく繋がらないことも多い。移動したらハンドオーバーしないし、Edgeだと回線が細すぎるだろう。
いままでにも携帯版Youtubeとか、モバイGyaoとかありますけど、コンテンツ云々の前に画質のクオリティが確保されず、途中で途切れたり画像が悪かったりで、モバイル向けのサービスとしては見るに耐えないという印象しかありません。
本命はサービス開始の1年後ぐらい、ダウンロード機能が搭載されてから、ということになるのでしょうかね。


ともあれ、今回の発表は夢が膨らみますね。楽しみです。