流されず逆らわず

コンピュータ関連のお仕事をしております。不惑を超えても惑い続ける男です。二児の父。

自分へのお年玉

今日、1日暇だったのでぶらぶらしていたのだが、

突然思い立って、買ってしまいました。



今日買ったのは本とNintendo DSほぼ日手帳



・The Cash Machine - 儲け続ける仕組みをつくれ!

 →リチャードクラフォルツ+アレックス・クラーマン 著

  三本木亮 訳

  4年ぐらい前(かなぁ)にベストセラーになった

  「ザ・ゴール」と同じテーマであるTOCを扱った本です。

  違いは、製造過程ではなく、営業販売でTOCを扱っていること。

  著者も「ザ・ゴール」と違うけど、TOCというなじみの無いテーマを

  簡易に理解しやすいように読みやすい本に仕上がってます。

  まだ100ページぐらいしか読んでないけど。



Nintendo DS

 →去年も年初に買ったのだが、ほとんどゲームをしないので、

  半年ほどで手放してしまっていた。

  その後、DS独自のギミックを使ったソフトが次々と出てきて、

  いまやDSは任天堂の屋台骨となりつつある。

  ゲーム機メーカーとしての任天堂の底力を感じていたところだ。



  それはさておき、私はミリオンセラーとなった

  脳を鍛える大人のDSトレーニングを買いました。



ほぼ日手帳

 →超有名サイト「ほぼ日刊イトイ新聞」から生まれた手帳。

  去年はLOFTの売り上げで全手帳の中で1位の売り上げになったらしい。

  最近は会社のOutlookに予定を入力し、他のメンバーと予定表を

  共有していたため、Outlookと二重管理になるのがいやで

  PDAを使っていたのだが、去年の後半からPDAすら持たない状態で、

  スケジュール確認の際に不都合が起きるため、

  手帳を購入することを決断、購入に至りました。  





このチョイス、一見何の脈絡も無いように見えるのだが、

何か新しいことを始めようっていうコンセプトで

知らず知らずのうちに選んでいる。





だって、3日坊主になってもいいじゃん。

とりあえず試してみることが大事なのよ。



日々の業務に追われていると、ふと立ち止まって考えてみることすら

忘れてしまいます。

時間がある年始は特に何か新しいことを始めてみよう

ってなことを考えるいい機会なんではないだろうか。



・・・ってな私みたいな考え方の人、たくさんいるんでしょうね。

だから、正月は英会話とかユーキャンとかのコマーシャルがすごく多いんだな。きっと。